--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2006.05.18

韓国国会議員、横田滋氏にいやがらせの手紙を送る。

http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=331326 >■「数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?」

「韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民が めぐみさんに関心を持つことをあなたが願っているように、『朝鮮人めぐみ』の家族たちも 日本国民に対して同じ心情なのです。」

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォヌン)議員(国会倫理特別委員長)は16日、駐韓日本 大使を通じて、日本人拉致被害者として知られる横田めぐみの父親の横田滋(73)に書簡 を送った。

横田滋は、弟の横田哲也(37)とともに15日に金浦空港を通じて訪韓した。 金議員は手紙の中で、「娘さんの不運な生に対する限りない父情が私の胸も打ちます」と 慰めた。金議員は更に、「前世紀、南北は互いに数千名ずつの工作員を送り込んで幾多 の拉致をほしいままにした」「拉致被害者たちとめぐみさんは、戦後冷戦体制の犠牲者だ」 と述べた。

しかし金議員は、「めぐみさんの冤魂を慰めるのは、この冷戦体制の解体から出発しなけ ればならない」「不道徳な冷戦体制の残滓を引きずって自分たちの利益を追い求めつつ めぐみさんの人権を取り上げるのは、良心を欺くものだ」と主張した。

金議員は、「韓国には、いまだに数十万の『めぐみ』がいる」「日帝によって強制動員された 数百万の朝鮮人のうち相当数がまだ戻ることができず、死後も靖国神社に奉安(?)されて おり、死んだ魂さえ日帝の強制連行から釈放されることができないでいる」と表明した。

金議員は、「韓国国民がめぐみさんに関心を持つことを願うように、日帝によって強制連行 された数十万の朝鮮人『めぐみ』の家族たちも、日本国民が彼に関心を持つことを願って いる」と強調した。

金議員は横田滋に、「今度の訪韓の折に、日帝時代に強制動員された朝鮮人徴用者や 軍慰安婦とその遺族たちにも一度会ってみてはどうか」と勧めて、「彼らとお会いになれる よう私が斡旋させて頂いても結構です」と付け加えた。

<後略>以上日本語訳引用


関連リンク
http://kimura-nobuo.cocolog-nifty.com/laboratory/2006/05/_y_7496.html

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50500162.html続きを読む
スポンサーサイト




Posted at 05/18 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.05.18

専門家と間違えられて生放送でインタビュー

[ロンドン 15日 ロイター] 受付にいたタクシー運転手と思われる男性を、コンピューターの専門家と間違って生放送でインタビューを行ってしまったため、英BBC放送が謝罪した。

この男性、受付にいたところ、なぜかスタジオに連れて行かれた上、椅子に座らされて襟にマイクを付けられ、さらにカメラを向けられた。BBCのニュース番組『News-24』の放送中、いきなりテレビ画面に映った男性は、驚きのあまり口をあんぐり開けた状態だったという。

それでも放送は続き、反対側の椅子に座っていた司会者は明らかにびっくりしている男性を「ウェブサイト構築の技術者」と紹介、さらに「商標をめぐる米アップル社と、ビートルズ版権管理のアップルcorp.の争いで、アップル社が裁判で勝利を勝ち取ったことについて、どのような見解をお持ちですか?」と質問した。

この質問に対し男性は、「判決を聞いて驚きました。こんな結果になるとは思っていませんでしたからね」とフランス語訛りのある片言英語で答えた。さらに、音楽のダウンロード問題に関する2つの質問が行われたが、男性は勇敢にも自分の見解を語った。その後、司会者が「ありがとうございました」とインタビューを締めくくった。
続きを読む




Posted at 05/18 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.05.17

日テレの炭谷アナ、女子高生スカート内盗撮!!

JR横浜駅構内で今年2月、女子高生のスカート内を隠し撮りしたとして、神奈川県警が日本テレビの炭谷宗佑アナウンサー(26)を県迷惑防止条例違反容疑で書類送検していたことが17日、分かった。炭谷アナは「申し訳ない」と容疑を認め、保土ヶ谷区検は今月2日付で起訴猶予処分とした。

 戸部署の調べによると、炭谷アナは今年2月20日午後3時ごろ、横浜市西区にある横浜駅構内の自由通路のエスカレーターで、前に立っていた女子高生(16)のスカートの中をカメラ付き携帯電話で隠し撮りした疑い。

 警戒中の鉄道警察隊員が炭谷アナの行動を不審に思い、任意で事情を聴いたところ、容疑を認めたという。

 炭谷アナは東京都出身。慶応高から慶応大経済学部に進み、体育会サッカー部に所属した。平成14年4月に日本テレビに入社した。これまで情報番組「汐留スタイル」やスポーツ実況などを担当し、最近まで「新どっちの料理ショー」で関口厨房(ちゅうぼう)のリポーターを務めていた。

続きを読む




Posted at 05/17 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.05.10

同和利権のフィクサー逮捕

大阪市の外郭団体から事実上の同和対策事業として、約30年間にわたって独占的に駐車場運営を業務委託されてきた財団法人「飛鳥会」(大阪市東淀川区)の収益を着服していたとして、大阪府警は8日、同会理事長の小西邦彦容疑者(72)を業務上横領容疑で逮捕した。また、財団の経理全般を担当していた三菱東京UFJ銀行淡路支店(同区)次長兼法人課長の釘本実紀也容疑者(42)についても同幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。
 小西容疑者は部落解放同盟の地元支部長も務め、大阪市の同和行政に強い影響力を持つとされる。府警によると、小西容疑者は70年代後半まで最大の指定暴力団山口組系の暴力団幹部で、その後も組関係者との関係が続いているという。
http://www.asahi.com/national/update/0508/OSK200605080016.html続きを読む




Posted at 05/10 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.05.02

大麻について

先日、朝日新聞の社長の息子が大麻所持で逮捕されたわけだけれど、G8加盟国中では日本が大麻犯罪に一番厳しいらしい。

以下はコピペ。

1.オランダ  1976年に薬物法を改正し18歳以上の30g未満の大麻所持は訴追されない。
       コーヒーショップでの大麻販売は、下記などの条件を満たせば認められる。
       1) 1回の販売量が5g以下。2) 18歳未満への販売禁止。3) 公共の秩序を乱さない。
2.デンマーク 少量の大麻所持については警告のみで対応するよう、日本で言えば、駐車違反より軽く、立小便並。
3.ドイツ   「健康を害するたばこやアルコール飲料が法的に認められているのに、マリファナなどの使用
       が許されないのはおかしい」という訴えを審議した結果、1994年4月28日、ドイツの連邦憲法裁判所
       は、「販売目的ではないマリファナとハシシュを少量なら使用しても罪に問わない」という判決を下した。       
4.スペイン  公共の場などでの個人使用は罰金の対象だが、実際はほとんど取締は行われていない。
5.フランス  1999年、個人使用は訴追しない方針を政府が発表。
6.イタリア  1回目は勧告、2回目以降は運転免許証没収など行政罰だが、実際はほとんど適用されていない。
続きを読む




Posted at 05/02 | 雑談 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。