fc2ブログ
2007.07.30

参院選雑感

今回の与党大敗は、ここの読者の皆さんなら悔しく思っている人が多いと思います。

しかし前向きに考えることもできます。

青木幹雄が失脚したり、青木率いる経世会(津島派)が参院で壊滅したりと、悪いことだらけでもありません。

社民党・共産党、公明党は3年前よりも得票を減らしています。

安倍自民党の敗因はまず、短期的な課題について二転三転してしまったため「頼りない」と感じさせてしまったことといえます。安倍首相は続投ということですが、この悪印象を全力で変えるよう努力してほしい。

また今回の選挙結果からは若返り願望の強さも汲み取れます。

経世会壊滅を機に、自民党は候補者の若返りをすすめるべきです。現職優先の原則があるのはわかりますが、こだわると次の総選挙で苦労することになります。

若い候補者は民主党の自治労・日教組出身議員の選挙区にぶつけるべきでしょう。自治労・日教組出身議員は年寄りが多く印象も悪いですし、なにより国政を混乱させる最大要因です。

自民党は従来の組織を壊したのですから、背水の陣で党内を刷新してもらいたいと考えます。



FC2 Blog Ranking 人気blogランキング
↑  クリックで応援よろしくお願いします  ↑
スポンサーサイト







Posted at 07/30 | 主張 | COM(5) | TB(0) |