--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2006.11.03

在日医師が覚せい剤で逮捕された件

東京新聞
救急外科医が覚せい剤所持 横浜労災病院に勤務

覚せい剤を車中に隠し持っていたとして、警視庁成城署は2日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、横浜市港北区小机町、横浜労災病院の救急外科医で韓国籍の李裕道容疑者(35)を逮捕した。容疑を認めているという。


大手新聞には取り上げられていないようですし、多くの人にとっても重大なニュースじゃないのかもしれませんが、個人的に興味があるので書きます。

まず、病院に外国人医師が勤めていることについて疑問を感じますが、それは医師不足の面から必要なことなのかもしれません。

しかし、労災病院は独立行政法人であり、税金からの出資がかなりの割合(もしくは全額?)なわけですから、はたして外国人を使うのが適正かどうか、疑問に思えます。

それ以上に疑問なのは、自分が医者にかかったときに、担当医師のネームプレートに朝鮮名が書いてあったときにどう反応したら良いか、ということです。

名前だけで偏見を持てばそれこそ差別といわれかねませんが、反日勢力の一員かもしれない人に自分の体を預けるのは抵抗を感じる、という人も多いと思います。

私だったらどうするだろうか・・・と考えてしまいました。

FC2 Blog Ranking 人気blogランキング
↑ クリックで応援よろしくお願いします ↑
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://aaorfan.blog8.fc2.com/tb.php/190-664b630b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
日本の医学部には在日の学生は沢山いますよ。
Posted by 名無し at 2007.03.29 17:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。