--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2007.01.21

スシポリス騒動

TBS
http://news.tbs.co.jp/headline/
tbs_headline3474186.html

日本食「優良店」指定、米国で賛否両論

 今や海外の多くの都市で目にする日本食レストランですが、味や調理法にバラつきがあるのが実情です。 こうしたなか、農林水産省は、海外の日本食の「優良店」を指定する制度を検討していますが、 アメリカでは賛否両論の声が挙がっているようです。

 ニューヨークのマンハッタンにあるレストラン「HIROSHI」。 日本食がメインですが、スタッフに日本人はいません。オープンしたばかりのこのレストラン。 店内には屋根つきの寿司カウンターを設けるなど、日本を強く意識したつくりとなっています。

 オーナーは、日本の築地などで修行を積んだという中国人の男性、通称「ヒロシ」さん。 中華やタイ料理なども学びましたが、最終的に「日本食」を選びました。

 (Q.なぜ日本食を?)
 「日本食は、お客さんにとっていいイメージ、(値段が)高いイメージがある」(オーナー ヒロシさん)

 「天ずる」を「天ざる」に訂正するなど、メニューに苦労の跡も見られますが、料理はいたって本格派。 和食をアメリカ風にアレンジしたフュージョンスタイルです。

 日本食レストランの数は全米でおよそ9000店に上り、この10年間で2.5倍に増え、今も増加傾向にあります。

 「日本食はとても健康的で味もいい。ニューヨーカーに人気があるのも当然です」(ニューヨーク市レストラン協会 チャールズ・ハント副会長)

 一方で、調理法などが本来の日本食とはかけ離れているとの指摘もあり、 農水省は、海外にある日本食レストランの「優良店」を指定する制度を検討しています。

 ニューヨークのレストラン業界は「日本食の質が上がる」とこれを歓迎していますが、 一部のメディアは「日本の国粋主義の復活」「すしポリス」などと批判しています。(続く)



 「調理法などが本来の日本食とはかけ離れている」とかではなく、要するに悪質なインチキ料理を食べさせる特定アジア人がいるから指定制度を導入することになったわけですけどね。

 オオニシみたいなやつに限って「優良店」で食べるんだろうな。 インチキ料理店で荒稼ぎしたカネで。



FC2 Blog Ranking 人気blogランキング
↑  クリックで応援よろしくお願いします  ↑
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://aaorfan.blog8.fc2.com/tb.php/242-17239af0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
日本食という名を騙ることは許せませんな。
和風創作料理と銘打っていればそれ以上言うことはありませんが、日本食という名前を使用して客と金を集めている一部の者たちには、部外者ですが非常に腹が立ちます。
Posted by Shinn at 2007.01.21 15:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。