--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2007.04.13

慰安婦強制動員を裏付ける文書…ソウル大鄭教授チームが発見

中央日報

日本軍が慰安婦を強制動員したことを裏付ける公式文件が見つかった。これまで被害者の証言はあったが、慰安婦動員の強制性と暴力性について書かれた資料は極めて少なかった。

ソウル大の鄭鎮星(チョン・ジンソン、社会学)教授チームは12日、「1946年7月5日、オランダ軍情報部隊が日本軍の慰安婦強制動員と慰安所運営について作成した文書を確保した」と明らかにした。

「日本海軍占領期にオランダ領東インド西ボルネオであった強制売春に関する報告書」と題した文書は、その間、オランダ政府記録物保存所に保管されてきた。

この報告書は「日本の特別海軍憲兵隊が路上の女性を連れて行き、強制的に身体検査をさせた後、慰安所に入れた」「慰安所は厳格に統制・隔離された」など、日本軍の蛮行が書かれている。

また「女性が慰安所を脱出したという理由で母親が殺害されたケースもあり、慰安所の女性は脱出も考えられなかった」「女性は特別許可を受けてこそ慰安所から外出することができた」などと明らかにした。慰安所の女性の国籍は書かれていない。

報告書は「1943年、日本海軍駐屯軍司令官はこの地域の日本人に対し、インドネシア・中国の女性と親しくするなという命令を下した。その代わりに公式的な慰安所を設置しろという命令も出された」と記述している。

報告書によると、慰安所は当時、海軍専用と民間用の2つが運営され、 民間用慰安所は日本軍司令官の指揮で日本人事業者協会が運営責任を預かった。 以外な点は「慰安所で支払われた代金の3分の2が女性に入った」という部分。 これに続いて「女性は時々、一部のお金を受け、個人的な用途に使った」と書かれている。

鄭教授は「慰安婦に代金が積み立てられていただけで、実質的には支払われていなかったことを裏付ける証拠」と指摘した。

報告書は日本人戦犯に対する尋問や関係者らの証言を基礎に作成された、と書かれている。

突っ込みどころが多くて頭が痛くなります。
面倒で疲れるんで書きませんわ。

でも多分これ、白馬事件の資料を今更ネットで見つけただけなんじゃないかな。

FC2 Blog Ranking 人気blogランキング
↑  クリックで応援よろしくお願いします  ↑
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://aaorfan.blog8.fc2.com/tb.php/289-c60273d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>インドネシア・中国の女性と親しくするなという命>令を下した。その代わりに公式的な慰安所を設置しろ

これは女を使った抗日ゲリラへの情報漏洩阻止でしょう。
慰安所を設置を宣言したとはいえ強制連行には直結はしないでしょう。
Posted by せーくん at 2007.04.14 10:44 | 編集
それともう一つ
今現在、海自の情報漏洩が世間を賑わせています
中国籍の妻にデータを渡したそうですが…
調べによると妻が外国籍の自衛官は100人余り
「インドネシア・中国の女性と親しくするなという命令」は
理に適っていると自分は思います。
Posted by せーくん at 2007.04.14 10:48 | 編集
ネットウヨクさんにもっと頭が痛くなるネタを提供いたします。
ウリナラの歴史は1万年!檀君神話より古い歴史がある朝鮮は偉大ニダ!
http://www.youtube.com/watch?v=evR-r-YwDWA

ウリと一緒に朝鮮の歴史をクリエイトするニカ?
Posted by ウリナラマンセー! at 2007.04.14 11:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。