--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2007.06.19

サヨクの権利意識はご都合主義

中日新聞  母子殺害で懲戒請求数百件 弁護士が中止求めアピール

 山口県光市の母子殺害事件で殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(26)の弁護人に対する、インターネットを利用した懲戒請求が相次いでいることが分かり、有志の弁護士508人が19日、「被告が弁護を受ける権利を否定する言動に抗議し、直ちに中止を求める」との緊急アピールを発表した。請求は計数百件に上るという。

 アピールなどによると、ネット上に「意図的に裁判を遅らせている」などとして懲戒を求める書面のフォームが出回り、これを使った請求が各弁護人の所属弁護士会に届いている。

 アピールの呼び掛け人の1人、前田裕司弁護士は「基本的人権を守る弁護士への攻撃だ」と話している。

 日弁連は、こうした懲戒請求の有無について「答えられない」としている。

(共同)

請求をするしないは人の勝手です。 請求を受理して綱紀委員会を設置し、かつ同委員会の議決により懲戒を行うかは各弁護士会の判断にゆだねられています。

といいますか…このような弁護方針は判事の心象形成においてプラスになるのか疑問に思います。 また、死刑廃止の世論を喚起するどころか逆効果になっている印象を受けます。

アピールを出した弁護士は政治思想における一致ゆえに請求やめろと騒いでいるのだと思いますが、もっと右傾化させたいのでしょうか。



FC2 Blog Ranking 人気blogランキング
↑  クリックで応援よろしくお願いします  ↑
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://aaorfan.blog8.fc2.com/tb.php/310-cff924a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html
Posted by なつき at 2007.06.19 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。