--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2006.05.18

韓国国会議員、横田滋氏にいやがらせの手紙を送る。

http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=331326 >■「数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?」

「韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民が めぐみさんに関心を持つことをあなたが願っているように、『朝鮮人めぐみ』の家族たちも 日本国民に対して同じ心情なのです。」

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォヌン)議員(国会倫理特別委員長)は16日、駐韓日本 大使を通じて、日本人拉致被害者として知られる横田めぐみの父親の横田滋(73)に書簡 を送った。

横田滋は、弟の横田哲也(37)とともに15日に金浦空港を通じて訪韓した。 金議員は手紙の中で、「娘さんの不運な生に対する限りない父情が私の胸も打ちます」と 慰めた。金議員は更に、「前世紀、南北は互いに数千名ずつの工作員を送り込んで幾多 の拉致をほしいままにした」「拉致被害者たちとめぐみさんは、戦後冷戦体制の犠牲者だ」 と述べた。

しかし金議員は、「めぐみさんの冤魂を慰めるのは、この冷戦体制の解体から出発しなけ ればならない」「不道徳な冷戦体制の残滓を引きずって自分たちの利益を追い求めつつ めぐみさんの人権を取り上げるのは、良心を欺くものだ」と主張した。

金議員は、「韓国には、いまだに数十万の『めぐみ』がいる」「日帝によって強制動員された 数百万の朝鮮人のうち相当数がまだ戻ることができず、死後も靖国神社に奉安(?)されて おり、死んだ魂さえ日帝の強制連行から釈放されることができないでいる」と表明した。

金議員は、「韓国国民がめぐみさんに関心を持つことを願うように、日帝によって強制連行 された数十万の朝鮮人『めぐみ』の家族たちも、日本国民が彼に関心を持つことを願って いる」と強調した。

金議員は横田滋に、「今度の訪韓の折に、日帝時代に強制動員された朝鮮人徴用者や 軍慰安婦とその遺族たちにも一度会ってみてはどうか」と勧めて、「彼らとお会いになれる よう私が斡旋させて頂いても結構です」と付け加えた。

<後略>以上日本語訳引用


関連リンク
http://kimura-nobuo.cocolog-nifty.com/laboratory/2006/05/_y_7496.html

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50500162.html

ある人はこう言う。「拉致問題に関して、日本と韓国が協力しなければならないのに、小泉総理が靖国神社に行くから、協力が得られない」と・・・。
今回の一件で、その説が間違っていたことが裏付けられたのではないだろうか。

内容の馬鹿さ加減についてのつっこみは他でも見られると思いますので、わざわざ書きませんが、それにしても今回だけは本当に腹が立った。
もちろん、すべての韓国人がここまでひどいとは思わない。しかし、ほとんどの韓国人はこんなもんなんじゃないだろうか?

ネット上で、「ヒトモドキ」なんて書き込みを見ると、くだらないなと思ってましたが、今回は「ヒトモドキ」という言葉がピッタリと当てはまります。

それにしても、駐韓日本大使もこんな嫌がらせの手紙は横田氏にわざわざ渡さないで欲しいものだ。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://aaorfan.blog8.fc2.com/tb.php/40-bbff33d0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。